使用機材 Dragonfly SOTTILE666の話

こんばんは。

 

エルニーニョ現象が発生したとのことで今年の冬は暖冬傾向により、雪山に雪が積もりにくくスノーボードができないのではと気にしだした中の人です。

 

今日は、中の人(Shotaro)が愛用しているギターのお話をしようと思います。

 

まずは、うちの子を見てあげてください!

IMG_-ibaq3i

この子はDragonflyというブランドから発売されておりますSOTTILE666というギターです。

簡単なスペックを紹介!

ボディ:ライトアッシュ

トップ材:ウォルナット

ネック材:メイプル

ネックの長さ:666mm

フレット:ステンレス材

 

ざっくり紹介するとこんな感じです。

この子の他の特性としましては、タップスイッチがついています。

されに、ローパスフィルターとハイパスフィルターがついている優れもの!

 

ただ、それだけではなくこのメーカーのギターのすごいところはピッチが安定するのがまたすごい!

そして、ネックの長さが666mm(悪魔的数字でかっけぇ・・・)で長く、ダウンチューニングに対応できるからすごい!

ちなみにDragonflyは648mmスケールのギターもあるよ!

DSC_2859

 

私が知っている中でドラゴンフライを使っているアーティストはDIR EN GREYの薫さん、MUCCのミヤさん、lynch.の葉月さんなどラウド系の方が多い印象ですが、G.O.Dなどでご活躍されているGodspeedの青木征洋さんなどインスト界隈でも使われているメーカーです。

DSC_2860

 

さて、簡単な紹介はここまでとして

この子との出会いをお話ししようと思います。

 

2017年10月29日(日)

あれは2017年秋のM3が終わり、初めての経験をした中無理やり秋葉原をShotaroに連れまわされたHaruhikoに

「よっしゃ、HaruhikoにDragonfly教えたろ!渋谷いくで!」

と、休む間もなく夜行バスで疲れ切ったHaruhikoをさらに振り回すことに

 

実はその時にはDragonflyの存在は知っており、自分も当時はMOONのストラトキャスター(シングルコイル)でメタルコアを作るという、なかなかアンチテーゼなことをしていたので新しいギターを欲しいと思い、いろいろ調べていた。

 

そして、渋谷の某楽器店に到着し、二人はギターを物色

ここからの話はまたどこかの機会でお話ししたいと思います。

 

渋谷の楽器屋でDragonflyをいろいろ調べて、後日私の住んでいる近所の楽器屋に遊びに行き相談をしました。

 

「Dragonflyを買おうかと思うんですけど、どんなのがいいですかね~^^;音の分離もよく、立ち上がりが早いのがいいな~」

と、相談をしてみたところ店員さんが他店からお取り寄せをしていただき、実際に試奏をしました。

その日にちが2017年11月11日

そう、その日はなんと

 

─ベースの日─

 

ベースの日に取り寄せてもらったDragonflyのギターが届くこのアンチテーゼ感な?(;^ω^)

 

まず最初の印象は「ギター薄いwwwwあと、何この軽さwwwwww」と多分口に出したはず。

それから試奏して、気に入ってしまい購入をしました。(バイバイ貯金)

楽器屋の方も自分が出したい音と向き合ってくれて選んでくれたからこそ出会えた子でもあります。

 

─ベースの日に買われたこのアンチテーゼのようなギター、大事にします─

 

Mixing within tha Brainで現在公開している楽曲で私のパートは基本的に全部この子で弾いております。

新曲「nameless」では前半のメロディと右側から聞こえる歪みや中間パートのクリーントーンは全部この子です。

また「Cause death to nasty thing」の右側から聞こえるのは全部この子が奏でられています!

イラスト34a

nameless

BOOTH:https://mwtbrain.booth.pm/items/1071668

Bandcamp:https://mixingwithinthebrain.bandcamp.com/album/nameless

 

Mixing within tha Brainは結成して今は2年目。

ただ、この子と出会ってやっと1年目。

まだまだ弾き倒せていないのは事実です。

 

これからも、どんどん弾いていきます。

Mixing within tha Brainの新作「忘却」(仮)でも、もちろんこの子を使って製作していきます!(他の子に浮気しないようにしよ・・・うね?)

まずは、1年間ありがとうな!これからもよろしくな!相棒!

 

次のギター紹介はHaruhikoのギターを紹介できればいいね。

 

それでは。

 

ドラフラはいいぞ!

ちなみに、トップ材がウォルナットやからギターに「くるみちゃん」って名付けてるんは内緒やで・・・。

 

Shotaro

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中