ディスクユニオン様にて委託情報とその話

みなさまこんばんわ

少しずつ気温が下がり、町はイルミネーションが灯されてきました。

 

Mixing within the Brainの中の人、Shotaroです。

 

この度は、ディスクユニオン様にて委託が決まりました!!!!

ヨッシャーッ!!!!!!!!!!ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ッ!!!!!!!(喚起)

 

祝☆委託!

↓URLはこちら↓

https://diskunion.net/metal/ct/list/0/80924121

 

置いていただける店舗様

・御茶ノ水ハード/ロックヘヴィメタル館

・新宿ヘヴィメタル館

・渋谷パンク・ヘヴィメタル館

 

ディスクユニオン様のホームページには我々のコメントも載っておりますので

是非一度お読みいただけたら幸いです☆

 

まだまだ未熟な僕らの曲ですが、3枚分のCDを送りその曲をお聞きいただいて審査をしていただきました、ご担当者様には感謝いたします。

本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

さて、今回はその委託までの経緯をお話ししたいと思います。

 

 

それは今年の10月上旬

 

とあるライブを見に行こうと新宿に来ていました。

ライブまでに今まで行ってみたかったディスクユニオン新宿店のヘヴィメタル館があるとの情報をお聞きしたので足を運びました。

 

お店に入ると、そこはもうメタルメタルしてて常にニヤニヤ(キモイ)しながら商品を見ていました。

 

そこで、とある棚に某戦艦ゲームのキャラクターがジャケットのCDが目につきました。

 

「あれ・・・?これって同人CDちゃうんけ・・・?(‘;’)」

 

そう思い手に取り調べれてみたら案の定、同人CDでございました・・・w

 

「なんで、ディスクユニオンに同人CDがあるんやろか?実はここはメロ〇ブックやったりしてーwww」なんて思いもしましたが、その後に調べたところ・・・

 

ディスクユニオン様は委託販売もしているという事がわかりました。

 

当日はM3も近いこともあり、新譜ができたら旧譜と共にディスクユニオン様に委託を申請してみようとHaruhikoに相談し、11月上旬あたりから委託審査を進めていきました。

 

なんとか、委託の申請が通り明日の11月16日から店頭に置いていただけるとのことです。

 

こりゃ嬉しいぞ!

 

売れる枚数ではなく、まずはメタルをお聞きする方々に

Mixing within the Brainという存在を認知してもらうことを目標として

少しでも認知してもらえたら嬉しいな・・・。

(でも、ほんまは売れて欲しいんやで・・・)

 

同人CDの委託であれば他にも同人関連の専門店はありますが、

今回はディスクユニオン様にて、「メタルが好きな方」をターゲットにしました。

 

今後はもっとMixing within tha Brainの勢力を上げていき、他のお店にも委託を広めていこうと思います!

 

是非、お手に取った頂いた方は感想をいただけますととても喜びます。

もし、ご興味がある方はこれを気にお手に取ってみてください!

 

明日を乗り越えれば華の金曜日が待ち受けているので

もうひと頑張り、行きましょう!

 

それでは!

 

Shotaro

使用機材 Dragonfly SOTTILE666の話

こんばんは。

 

エルニーニョ現象が発生したとのことで今年の冬は暖冬傾向により、雪山に雪が積もりにくくスノーボードができないのではと気にしだした中の人です。

 

今日は、中の人(Shotaro)が愛用しているギターのお話をしようと思います。

 

まずは、うちの子を見てあげてください!

IMG_-ibaq3i

この子はDragonflyというブランドから発売されておりますSOTTILE666というギターです。

簡単なスペックを紹介!

ボディ:ライトアッシュ

トップ材:ウォルナット

ネック材:メイプル

ネックの長さ:666mm

フレット:ステンレス材

 

ざっくり紹介するとこんな感じです。

この子の他の特性としましては、タップスイッチがついています。

されに、ローパスフィルターとハイパスフィルターがついている優れもの!

 

ただ、それだけではなくこのメーカーのギターのすごいところはピッチが安定するのがまたすごい!

そして、ネックの長さが666mm(悪魔的数字でかっけぇ・・・)で長く、ダウンチューニングに対応できるからすごい!

ちなみにDragonflyは648mmスケールのギターもあるよ!

DSC_2859

 

私が知っている中でドラゴンフライを使っているアーティストはDIR EN GREYの薫さん、MUCCのミヤさん、lynch.の葉月さんなどラウド系の方が多い印象ですが、G.O.Dなどでご活躍されているGodspeedの青木征洋さんなどインスト界隈でも使われているメーカーです。

DSC_2860

 

さて、簡単な紹介はここまでとして

この子との出会いをお話ししようと思います。

 

2017年10月29日(日)

あれは2017年秋のM3が終わり、初めての経験をした中無理やり秋葉原をShotaroに連れまわされたHaruhikoに

「よっしゃ、HaruhikoにDragonfly教えたろ!渋谷いくで!」

と、休む間もなく夜行バスで疲れ切ったHaruhikoをさらに振り回すことに

 

実はその時にはDragonflyの存在は知っており、自分も当時はMOONのストラトキャスター(シングルコイル)でメタルコアを作るという、なかなかアンチテーゼなことをしていたので新しいギターを欲しいと思い、いろいろ調べていた。

 

そして、渋谷の某楽器店に到着し、二人はギターを物色

ここからの話はまたどこかの機会でお話ししたいと思います。

 

渋谷の楽器屋でDragonflyをいろいろ調べて、後日私の住んでいる近所の楽器屋に遊びに行き相談をしました。

 

「Dragonflyを買おうかと思うんですけど、どんなのがいいですかね~^^;音の分離もよく、立ち上がりが早いのがいいな~」

と、相談をしてみたところ店員さんが他店からお取り寄せをしていただき、実際に試奏をしました。

その日にちが2017年11月11日

そう、その日はなんと

 

─ベースの日─

 

ベースの日に取り寄せてもらったDragonflyのギターが届くこのアンチテーゼ感な?(;^ω^)

 

まず最初の印象は「ギター薄いwwwwあと、何この軽さwwwwww」と多分口に出したはず。

それから試奏して、気に入ってしまい購入をしました。(バイバイ貯金)

楽器屋の方も自分が出したい音と向き合ってくれて選んでくれたからこそ出会えた子でもあります。

 

─ベースの日に買われたこのアンチテーゼのようなギター、大事にします─

 

Mixing within tha Brainで現在公開している楽曲で私のパートは基本的に全部この子で弾いております。

新曲「nameless」では前半のメロディと右側から聞こえる歪みや中間パートのクリーントーンは全部この子です。

また「Cause death to nasty thing」の右側から聞こえるのは全部この子が奏でられています!

イラスト34a

nameless

BOOTH:https://mwtbrain.booth.pm/items/1071668

Bandcamp:https://mixingwithinthebrain.bandcamp.com/album/nameless

 

Mixing within tha Brainは結成して今は2年目。

ただ、この子と出会ってやっと1年目。

まだまだ弾き倒せていないのは事実です。

 

これからも、どんどん弾いていきます。

Mixing within tha Brainの新作「忘却」(仮)でも、もちろんこの子を使って製作していきます!(他の子に浮気しないようにしよ・・・うね?)

まずは、1年間ありがとうな!これからもよろしくな!相棒!

 

次のギター紹介はHaruhikoのギターを紹介できればいいね。

 

それでは。

 

ドラフラはいいぞ!

ちなみに、トップ材がウォルナットやからギターに「くるみちゃん」って名付けてるんは内緒やで・・・。

 

Shotaro

新しいアルバムのコンセプトの話

みなさまこんばんわ。

Mixing within the Brainの中の人Shotaroです。

Mixing within theBrainは今は二人組で活動をしておりますが、Haruhikoくんのブログの更新は12月過ぎるまでないと思われますので、しばらくは私のみでの更新になります。

 

昨日からHPとブログを作りましたができるだけ更新をしていくように努めますのでお付き合いいただけたらと思います。

 

さて、今回は次に作るアルバムのコンセプトの話についてです。

 

次に作るアルバムのコンセプトはHaruhikoくんが提唱してくれた「忘却」というテーマの元に製作をしていきます。

ある日の電話で彼が「忘却というテーマで曲を作ってみようかな」と言ったことをきっかけに、せっかくなのでコンセプトアルバムを作ってみない?と私が声をかけてから6月ごろに進み始めた話です。

 

今回のM3では3曲入りの楽曲を出しておりますが、そのうちのインスト曲である「reCRYstallization」は、作曲者のHaruhikoくん自身次回作の「忘却」というコンセプトにつながる曲として提示してくれました。

イラスト34a

reCRYstallizationが含まれている作品はこちら!

Bandcamp:https://mixingwithinthebrain.bandcamp.com/album/nameless

BOOTH:https://mwtbrain.booth.pm/items/1071668

 

まずは我々としてもその「忘却」というビジョンを固めなければならないと自負しております。

ただ、今は何も考えず楽曲を作っていきましょうとお互いが話し合って承諾しているので黙々と作っている日々です。

 

ただ、この「忘却」というテーマですが、考えるとすごく難しいです。

Haruhikoくんはどのように構想を練っているのかはまだすり合わせをできておりませんが、なんせ難しい・・・。

 

忘れるってなんやろか?と考えることもありますが、人によってはその忘却という捉え方は様々なのではないかと・・・。

そう考えると早いところ彼と方向性を固めていきたいです・・・(;^ω^)

 

フルアルバムで作っていきたいけど、他にもいろいろやりたいことがたくさんです。

ただ、まずはあれやこれやと手を出す前に一つの事に集中していくようにします。

 

たくさんの方に聞いてほしいのはそうですが、その中でも一人でも僕らの曲が心に響いて、その方の心を動かしたいとそんな気持ちで私は楽曲制作をしております。

 

Haruhikoくんはどう思っているのかは・・・、それについては彼自身にブログを更新して語ってもらいましょう(^ω^)

 

それでは、洗濯が終わったので干してきます・・・。

 

Shotaro

ホームぺージとブログ公開のお知らせ

みなさま、こんばんわ。

Mixing within the Brainの中の人Shotaroです。

 

本日よりMixing within the Brainのホームページとブログを公開いたしました。

今後とも、何卒応援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

こちらのブログの目的は、今後の楽曲の制作についてや、機材についてや日々の日常について更新をしていけたらと思っております。

 

ご覧いただいている方々に少しでも楽しんでいただけるように努めますゆえ、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

Shotaro